いつも考えていたこと

いつも考えていたんです。

「どうしたら経営者の方のお役に立てるんだろう?」

「おひとりで頑張っている経営者の方のサポートができないだろうか?」

 

少し私の話を…

これまでたくさんの業種業界を経験して来ました。

製造業では在職中の約5年間。

トヨタ生産方式の「カイゼン」や「PDCA」が自然と身につく環境で、CADが導入されたタイミングだったこともあり毎日、業務改善提案を提出していました。

常に問題意識を持つ習慣を身につけていたことは、退職後20年以上経ってから気づいたことでした。

 

初めての転職は、人生の転機となりました。

自身の交通事故がきっかけとなり転職した保険業界では、さっぱり営業成績はあがらなかったものの、その後の人生を大きく左右するファイナンシャルプランナーと出会い、1999年ファイナンシャルプランナーの国際ライセンスにあたるCFP*の認定を受けました。これが

 

これで日本経済、良くできる!!

 

と言う勘違いをした瞬間でもあり、今日に至るまで、私の根底となる想いとなりました。

ファイナンシャルプランナーとして、講師や執筆、公的機関相談員などをさせて頂き、部長としてヘッドハンティングを受けたのもその頃でした。ただ、コンサルティングの現場では、法律の縛りでファイナンシャルプランナーの限界を感じることもあり、結婚、出産のタイミングで業界から一線を退き、ファイナンシャルプランナーの資格も国家資格(ファイナンシャルプランニング技能士1級)以外の認定資格を放棄しました。

 

金融業界から離れ、子どもが小さいうちは、コールセンターでゆっくりめの働き方をしていました。

とは言え、コールセンターは適職だったようで、電話応対コンクールでは全国2位の成績をあげることできました。が、元々、接客業が好きだったこと、コンサルティングで傾聴を身につけていたことなどから、優勝できなかったことはとても残念でなりませんでした。

ただ、子どもを初めて出張に連れて行った”子連れ出張”はとても良い思い出です。

 

全ての経験を糧に…

これまでの経験、製造業で培った問題発見、解決スキル、サービス業で身につけた顧客対応力、ファイナンシャルプランナーとして傾聴、そして資産管理やリスク対策。それ以外にもベンチャー企業の立ち上げにも携わりました。

 

根無し草のようにも見られる働き方ですが、今振り返れば必要十分な経験だったようです。

ただ、組織で働くことがあまり得意ではなかったので、個人事業というスタイルを選択するのですが、「日本経済良くしたい」と言う思いから、冒頭の

 

「どうしたら経営者の方のお役に立てるんだろう?」

「おひとりで頑張っている経営者の方のサポートができないだろうか?」

 

と考えるようになりました。

起業は、多くの場合は、サービスや商品、アイデアがあってのことです。

そのため、経理や広報、日々の事務作業を苦手としている方は大変多いのが現状です。合わせてSNSのこと、マーケティング戦略に関する情報収集まで手が回っていないようです。

結果的に、起業後10年後の継続率は1割というデータがその難しさを証明しています。

 

私の強みは、ファイナンシャルプランナーとしてのスキルではなく、少し早い情報収集力。ファイナンシャルプランナーやIT分野において情報をキャッチするタイミングは、一般の方より概ね2〜3年早いようです。

 

そして、「情報と情報を結びつける」ことが得意なこと。

どんな商品やサービスにこの情報が役に立つのか、ビジネスに合ったSNSの運用方法は?新しいサービスにどんなリスクがありどんな対策が必要なのか?閃くこともあれば、じっくり考えることもありますが、1+1=2<にすることが得意なこと。

 

つまり、起業家の方々が苦手な分野が概ね得意なこと、です。

 

一般的なところでは「経営コンサルタント」という括りになると思いますが、その範疇にも治らないという自負もあります。

 

 

私がこれまで辿ってきた道

私がこれまで経験してきたこと

私が今、見据えていること

は、きっと同じように1人で頑張っている女性経営者の方々のお役に立てるはず!!

 

そう確信、しています。

 

「おひとり様経営」をサポート”ビジネスアプリCafe”

当初、専門家の先生によるセミナーを開催することを考えましたが、それぞれの都合もあり、セミナーへの参加も難しいことも改めて実感したのが構想から3ヶ月で感じたこと。

 

 

そして、何より誰もが

 

自分の場合、自分のビジネスの場合、どうなのか?

自分の知りたいことを知りたい!!

 

と言うことを強く感じました。ただ、コンサルティング契約と言うのが敷居が高いこともよく知っていました。

 

 

そこで、ご自身のビジネスのことを自由になんでも相談できる「ビジネスアプリCafe」と言う会員制コンサルティングサービスをスタートしました。

 

 

まだ、始まったばかりのサービスですが、今後どれだけ内容を充実していけるのか、色々試行錯誤をして行きながら、会員の皆様のビジネスが成長できるように、全力でサポートさせて頂きたいと思っています。

 

ただ、あまり多くなってしまうと、お一人お一人のサポートが疎かになってしまうため、あまり増やしすぎないようにと考えています。

 

 

おひとりで経営されている「おひとり様経営」の同世代の女性経営者の皆様のお役に立てるように、

まずは、「ビジネスアプリCafe」からスタートさせて頂きました。

 

どうぞ、よろしくお願いします!!

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*