ホームページは看板

ホームページを持っていない小企業・零細企業は半数以上。 貴女はホームページ、持っていますか?

先日、ノープランプランで大阪に行った時のこと、本場のお好み焼きを食べたいと道頓堀に出かけました。

 

夏休みにノープランで大阪、道頓堀に行きました。本場のお好み焼きが食べたい!!と短い時間の中でどうやってお店を探すか?すると紹介所があり、今時のあご髭をゆるくたしなめたお兄さんがお店を紹介してくれました。

 

紹介された先に行ってみると、ズバリ「失敗!!」ここは違うだろ〜〜〜っと言う有様。つまり、その紹介所はお金を多く払っているところを優先的に紹介する仕組みだったわけで、必ずしも美味しい人気店ではなかったのです。

 

後からお店の名前をネットで調べても該当するお店は出てきませんでした。

ぼったくられた、騙された気分でした。

 

よく考えれば分かることですが、はなからネットで調べれば良かったのにネットでは大量の情報が出てくるので探すのが面倒とそこを省いたこと、手軽に情報が取れるところを選んでしまった紹介所、ここがそもそもの間違いでした。

 

1.軽い気持ちでやっている商売

その昔、法人化していない小規模の企業に対して信用がない時代がありました。もちろん、今でもその傾向はありますが、以前ほどではありません。

 

JimdoやWix、そしてペライチ、Facebookなど、無料で情報発信できるサービスがあるにも関わらず、観光客が大量に押し寄せてくるにも関わらず、ホームページさえ持ってない理由は?

  • オープンして間もない
  • お金がない
  • 知識がない
  • 面倒臭い
  • 時間がない

 

と言うことではないかと、かる〜ぃ気持ちで始めた商売なのではないか?そんな風に感じます。

 

ホームページを持たなくても、下の写真のようにTwitter、FacebookページでもGoogleで検索するとヒットします。ホームページやブログを始めるのは腰が重いと言う場合にでも、FacebookページやTwitterなどのSNSだったら、今すぐ始められませんか?

 

 

2.なんでも検索する時代です。

スマホの世帯所有率は71.8%、一時期、9割を超えたパソコンの世帯所有率はとほぼ同じです。スマホは携帯パソコンとも言われるように、恐らくパソコンの世帯所有率は今後減り、スマホの世帯所有率はもう少し上がってくるでしょう。

 

スマホが普及したことで、なんでも「検索」する時代になりました。それに伴いネットショッピングの利用率、利用額が年々増加しています。こちらも平成29年度情報通信白書からですが、年代通して利用者がいること、また20代〜40代についてはすでに50%超の人がネットショッピングにスマホを使っていることが分かります。

日用品や生活雑貨こそ利用者の割合は少ないものの、生協もアプリができましたし今後増えていくのは明らかです。

スマホの個人所有率はまだ6割に達していませんが、50代以上でも所有率が少しずつ増えています。

多くのことがスマホで解決できるようになっていて、スマホがなければ回らない時代がすぐそこまで来ています。中国ではスマホがなければ決済ができないことがほとんどなので、劇的にスマホ所有が広がっています。

 

まとめ

スマホの時代です。平成29年度情報通信白書では、スマートフォン経済、スマートフォン社会の到来と表現されています。スマホで検索できないことには見つけてもらえない時代になっていると言うことです。

 

もし、軽〜い気持ちでなく、本気でビジネスをしているのであれば、誰にでも見つけてもらえるように、まずはFacebookページを立ち上げること、ペライチで簡単に作れる一枚もので良いので、ホームページを持ちましょう。